EDお悩み相談室TOP >  お役立ち情報 >  何科の病院で診断を受けたら良いの?

何科の病院で診断を受けたら良いの?

病院いざ病院に行こうにも「EDは何科にかかったらよいかわからない」という方も少なくはないと思います・・・。

EDは基本的に科が限定されていないため、自由診療の部類に入ります。ですので医療機関によって診察代が違ってきますので、事前に電話をしてED治療を行っているか、診察代や治療方針などを問い合わせることをしたほうがよいかもしれません。

一般に内科や泌尿器科、心療内科などがED診療を行っていると聞きます。

ネット上でも、ED治療ナビやEDネットクリニックなどのサイトでED診療を行うクリニックがわかるようになっています。受診を考えている方は一度ご覧になってみるとよいでしょう。

EDの診断手順

■問診
気になる診断方法ですがどのようなものなのでしょうか・・・。実際には問診での診断に重きがおかれていきます。

EDは個人差などが顕著ではないことから、国際勃起能スコアIIEF5という世界共通の問診票が大半の医療機関で導入されています。

この問診内容は女性が見ると躊躇うような性交に言及した内容になっています。しかし、その具体的さから確かな診断ができることから信頼度の高いものになっています。

個人的なその他の問診としては以下のような内容が問われます。
・うつ病や糖尿病などの病歴の有無
・飲酒歴
・喫煙歴
・降圧薬などの内服歴

■臨床検査(生理的検査、ホルモン検査など)
基本的に次のような検査が行われ、性機能障害がないか診ていきます。

・コレステロール検査
・血中尿素窒素検査
・クレアチン検査
・空腹時血糖検査

更に問診で性欲に関する項目に該当があった場合は以下のような血液検査も追加されます。

・プロラクチン検査
・血中テストステロン検査

もう少し踏み込んだ検査では、超音波によってEDの患部である陰茎の血流測定をするところもあります。

超音波検査は気恥ずかしさもありますが、目に見えて症状がEDなのか判断がつくので有効な方法です。ただ、点数が少々嵩みますので、お財布からの出費が痛いことも踏まえておいたほうがよさそうです。

病院に行くには勇気がいるかもしれません。しかし、EDだと思っていた症状がじつは重篤な病気のサインだったというケースも耳にします。

また、EDは生活習慣病の兆しであるので早めの診察が必要との提唱をするドクターもいますので、是非自己判断せずに、医師の診断を受けましょう。

このページの先頭へ